TOP >> コラム >>  寄稿 >>  弁護士会の法律相談事業について
コラム
最新の記事
月別の記事
2008.11.28
弁護士会の法律相談事業について

20081128_column_sagawa_01.jpg
東京弁護士会
法律相談センター運営委員会委員長 大西 英敏

1.はじめに

 近時、社会が複雑化、高度化、国際化するにつれて、市民の権利意識が高まり、その法的ニーズが増大し、かつ多様化している。そこで、いつでも、どこでも、誰でもリーズナブルな費用で、容易に、適切な法律相談が受けられ、必要があればいつでも弁護士の斡旋を受けられるよう法律相談事業を充実させることが、弁護士会にとって重要な課題となる。

2.東京での法律相談センターの概要

 東京弁護士会では、市民からの法律相談と弁護士の斡旋を行うための法律相談センターが設置され、会館の内外で法律相談を実施してきた。

 さらに2006(平成18)年10月からの法テラス東京事務所を四谷に開設するのに合わせて、同じ建物に弁護士会相談センター(LC四谷)を開設してLC四谷を法律相談センターの中枢とする再編成を行い、霞が関の会館内には小規模の法律相談機能のみを残すことになった。

 ところで、当会が提供する法律相談サービスの内容としては、一般相談のほかに消費者問題、医療問題、労働事件等があり、事案の特殊性・機動的対応等の要請から特別相談を実施し、また、民事介入暴力センター、子供の人権救済センター、外国人人権救済センター等で法律相談・事件斡旋をおこなっている。

 集団的被害者救済が求められる案件については、関係委員会が中心となって一斉相談が実施されることもある。また、弁護士の紹介を必要とする市民に対しては、弁護士斡旋制度、事件の直接受任制度、顧問弁護士の紹介制度が設けられてきた。さらに弁護士へのアクセスを容易にするため、2007年4月から、弁護士会紹介センターが発足した。

 また、LC四谷以外の法律相談センターとしては、クレサラ相談を専門に取り扱う相談センターとして、1998(平成10)年9月に「四谷法律相談センター」を、1999(平成11)年9月に「神田法律相談センター」を、2002(平成14)年3月に離婚・相続等家事問題を取り扱う「家庭法律相談センター」を、2003(平成15)年12月に「錦糸町法律相談センター」をそれぞれ開設した(これらはいずれも東京三会の共同設立である)。

 さらに、当会が設けた池袋、北千住、渋谷の各公設事務所に併設してそれぞれ法律相談センターを開設している(これらは当会単独事業である)。さらに、前記過疎地対策として、2003(平成15)年6月に三会の共同設立で「小笠原法律相談センター」を、2004(平成16)年4月に「大島法律相談センター」を開設し、月1回の法律相談が実施されている。

3.弁護士と中小企業診断士との関わり

 弁護士業務の中で中小企業診断士との関わりをみてみたい。

 まず第一に中小企業診断士は有力な顧客紹介先である。有能な中小企業診断士は多くの事業者のコンサルタントとして経営者の信頼を勝ち得ている。そこで法的な問題が生じた際に知り合いの弁護士へ相談を勧めることが多くなっている。

 第二に中小企業診断士による経営指導は紛争の予防に極めて有用である。弁護士としても紛争予防は重要であり、その際に法律のみならず中小企業診断士による経営のアドバイスが必要である。

 第三に弁護士業務自体も今後の競争が予想されており、弁護士自体も中小企業診断士の皆様のような経営センスが必要な時代を迎えている。

4.最後に

 最近の景気後退にあって経営コンサルタント業務を中核とする中小企業診断士の必要性、重要性はますます高まっている。我々弁護士も第二の倒産の波を受けつつあるが、国や自治体も含め我が国の官民の財政の健全化、豊かさの再構築の為にお互い力を合わせていきたい。

TOP