TOP >> コラム >>  特集 >>  秋大会「夏・秋期新入会員歓迎会」/「実務従事マッチング」「世代会」報告
コラム
最新の記事
月別の記事
2008.11.28
秋大会「夏・秋期新入会員歓迎会」/「実務従事マッチング」「世代会」報告

秋大会「夏・秋期新入会員歓迎会」/「実務従事マッチング」「世代会」報告

さる10月5日(日)に日本教育会館にて東京支部秋大会が盛大に開催されました。ここではこのイベントの概要をご報告します。

【スケジュール】
第1部 新入会員歓迎会及び協会概要説明(13:00 - 14:00)

第2部 分科会(14:10 - 17:40)
(1)第1分科会 - セミナーと研究会・懇話会の紹介
セミナーテーマ:「経営者から見た中小企業診断士に必要なスキル」
講師:安藤 忠隆会員(共和工業株式会社社長)

(2)第2分科会?実務従事案件紹介とマッチング、指導員説明会

(3)第3分科会 - 20歳代会、30歳代会
20歳代会、30歳代会の各世代会は、お互いの啓発、情報交換、交流を目指します。
講演会「私の独立企業大冒険!」 - 今明かされる若手経営者創業の真実!

 第3部 懇親会(18:00 - 19:30)


【第1部 新入会員歓迎会及び協会概要説明】
 夏の実務補習を終えられて新たに東京支部に入会された皆様に対して次の内容で行われました。
○小林支部長
   新入会員歓迎の言葉と企業ドック構想についてのご説明。
○松枝管理部長
   東京支部の組織の説明と各部長及び各支会長のご紹介。
○河合広報部副部長
   会員Myページの有効活用と東京支部ホームページの有効活用についてご紹介。
○池田実務従事委員長
   東京支部が進めている実務従事事業についてのご案内。

【第2部 第1分科会 セミナーと研究会・懇話会の紹介】
 セミナーテーマ:「経営者から見た中小企業診断士に必要なスキル」
 講師:安藤忠隆氏(共和工業株式会社社長、中小企業診断士)

 まず「コンサルティング活動を行なうものに求められること(講演者なりの一考察)」
についてお話されました。ひとつめはセオリーを正確に理解していることが大事であるが、これは活動して行く上での"必要条件"に過ぎない。セオリーを理解し、他のセオリーとの連関性・体系を理解していることが必要であるとおっしゃられました。

 一方セオリー万能主義は最悪と思うべきだともおっしゃられました。現実の企業に即したコンサルティングが必要であるわけです。「かくあるべし」論と実態の乖離をいかに埋めていくのか、そこに知恵を出すのがあるべき姿であるとのことです。

 しかしながら、企業にとっても限られた時間なので演繹法的アプローチをとらざるを得ないこともあります。その際はあまり欲張らないで重点志向をして提言をし、「成果を実感してもらうこと」が肝要だとおっしゃられました。

 この後、中小企業経営者として現在困難と思っていること、近未来的に脅威となると危惧されていることを人、モノ、金の面から解説いただきました。

 最後に中小企業診断士として活動する会員に対して次のエールを送られました。

 仕事は待っていてはこない。診断士間のネットワークを結ぶべきである。相互補完できるコンサルと連携すべきだ。
 仕事の依頼が来たら自分はそれは苦手だと逃げずになんとか無理してでも行なうこと。・ひとたび受注してしまえば、その仕事を全うするために自然に勉強し努力する。そして終わった後に反省しよう。

 非常に示唆に富んだ講演でした。


【第2部 第2分科会 実務従事案件紹介とマッチング、指導員説明会】
 実務従事案件の紹介、募集と指導員への説明会が行われました。


【第2部 第3分科会 20歳代会、30歳代会】


【第3部 懇親会】
 懇親会が盛況に行われ、会員間の親睦を深めることができました。

TOP