TOP >> コラム >>  特集 >>  産業交流展2008に出展
コラム
最新の記事
月別の記事
2009.01.29
産業交流展2008に出展

広報部

 昨年11月25日(火)、26日(水)の2日間にわたって、11回目を迎えた東京都主催の産業交流展2008が、東京ビッグサイト西1・2ホール及びアトリウムで開催されました。
 700社を超える企業が情報、環境、医療・福祉、機械・金属の4ゾーンに分かれて出展し、私ども(社)中小企業診断協会東京支部は22にのぼる他の支援機関とともに出展しました。
 期間中の来場者数は42,248名(開催事務局調べ)で、昨年実績40,550名のおよそ4%増と報告されています。
 私ども東京支部のブースは支援機関コーナーの一角に出展しましたが、開催初日の午前中に、広報部メンバーが手分けして出展700社の全ブースを巡回し、今回のフェア用に作成したパンフレットを配布、診断協会のPRに努めました。このパンフレットの表は中小企業診断士および中小企業診断協会の紹介、裏面は支援業務を紹介した内容となっています。
 支部ブースには、能力開発推進部から毎日1名が相談員として常駐し、来場者の相談に対応しました。受付簿に名前を記入、または名刺を置かれた方は30名を超えました。相談件数はおよそ20件でしたが、その内訳は環境問題、新事業開発、下請企業対策、創業(事業プランや資金融資)、販路開拓、さらには経営革新や新連携等の相談のほか、中小企業支援での提携、投融資先の紹介依頼など多彩な内容にわたりました。
 会場内では、開催初日の石原都知事出席の下、東京都ベンチャー技術大賞の表彰式を皮切りに、開催テーマに合わせたセミナーや出展者のプレゼンテーション、東京デザインマーケット、八都市合同商談会、ジェトロ海外企業出展が同時に開催されるなど、賑わいを見せました。
 支援機関の中では、時節柄、5号認定業務(中小企業信用保険法第2条第4項第5号に関わる認定業務)支援でお世話になっている関係機関の方々に支部ブースに挨拶においでいただいたり、会場構成上関係団体が一ヶ所に集まっていたために交流も盛んでした。

TOP