TOP >> コラム >>  特集 >>  「実務従事カンファレンス2010 第?部成果事例発表会」について
コラム
最新の記事
月別の記事
2010.07.30
「実務従事カンファレンス2010 第?部成果事例発表会」について

 6月12日、梅雨入り前の晴天の日に、渋谷フォーラム8において「実務従事カンファレンス2010」が開催され、第?部において成果事例発表が行われました。
 当日は、実務従事案件の中から優秀とされた以下3案件について、各従事案件に携わった診断士が各20分程度案件概要を発表されました。

 ?アパレル製品卸売業Q社の業態改善と販売力強化
 ?感動を与える接客をアドバイス
 ?ゲームセンター・店舗診断の概要

?アパレル製品卸売業Q社の業態改善と販売力強化
 「独特のオリジナル商品を活かすため、卸を基幹としつつも量を追わないSPA企業」を目指すQ社が、銀座へのアンテナショップ開店を目指すにあたり、「家族経営」から「企業経営」への転身を図る2代目経営者の依頼に沿って、現状分析を踏まえた具体的な施策提案を行ったとのことでした。
 提案内容としては、「経営の見える化」へのステップとして「ものづくり体制構築?企画・生産計画策定」、「発信力強化?販売目標設定と遂行計画」、「銀座店の店づくり?リアルショップの活用と採算性確保」を提案され、業務フローの一覧、一定の前提をおいた事業計画、事業ポートフォリオも提示されていました。

?感動を与える接客をアドバイス
 都営新宿線I駅前のイタリアンレストランSの代表者A氏に対して、Sの課題を「店舗が立派なのに、料理と接客が普通」として、「イタリア料理好きな固定客を数多く持つ、地元に愛されるお店」とするための提言をされたものでした。
 提言内容としては、接客、メニュー、販売促進、財務にわたるものですが、その内発表者が担当された接客について、「感性へ働きかける情報の重要性」を提言、グランドメニュー、店内POP・リーフレット、Web・口コミについて、「お客様の行動と心理の動きと情報提供のポイント」の観点から分かりやすく説明され、「居心地の良さ+料理の美味しさ=当店で過ごす時間の楽しさ」を提供し「お客様をイタリア料理通に育ててお店も育っていく」ことを提言されていました。

?ゲームセンター・店舗診断
 ターミナル駅前に隣接する2店のゲームセンターを持つ株式会社Aに対して、自社調査(ヒアリング、満席表)、顧客調査(業界で実施しているアンケートをアレンジ)、競合店調査(視察評価⇒ポジショニングマップ)を通して2店を分析し、「客層がヘビーユーザーに限定されている」、「設備、機種が他店に比べて不利」、「2店舗が隣接しており連携が取りやすい」という分析結果を踏まえて、「2店舗を1店舗と考えイベント等販促実施」、「来店頻度の傾向からゲーム機器購入選定」等の提言を行ったとのことでした。   

 発表後、中村正士東京支部長と審査委員による審査の結果、?「感動を与える接客をアドバイス」が最優秀賞として選定されましたが、3件とも依頼企業の要請に応えた提案をされた実務従事案件と感じられ、実務従事事業が中小企業、診断士相互に意義のある事業となっていると感じ入りました。

文責:中央支会 西尾 幸久

TOP