TOP >> コラム >>  TOKYO SMECA知恵袋 >>  【TOKYO SMECA知恵袋】目指せ、独立診断士!~そろそろ独立診断士~
コラム
最新の記事
月別の記事
2017.12.27
【TOKYO SMECA知恵袋】目指せ、独立診断士!~そろそろ独立診断士~

能力開発推進部

201801-13.jpg

 中小企業診断士は、士業として保証された仕事はありません。独立診断士は、専門性を生かし活動領域を広げています。今回の知恵袋では実際に診断士がどのような仕事を行っているか、その一端をご紹介します。


1.公的機関を通じた専門家派遣
 診断士活動のベースとしては、公的機関の専門家派遣制度の活用があります。診断士としての経験、経歴書に記載する実績確保に向け、専門家登録は欠かません。東京都中小企業診断士協会(以下、東京協会)が支部を経由して行う募集事業への自薦・他薦により公的機関への専門家登録を果たし、活動の領域を広げてください。
 直近でも東京協会からは、①東京都信用保証協会の専門家派遣②東京しごと財団の働き方改革支援事業専門家派遣③中小企業基盤整備機構の販路開拓コーディネーター④全国中小企業団体中央会のものづくり支援補助金事業の書類審査員⑤全国中小企業取引振興協会の下請かけこみ寺などの公募がありました。
 また中には、独自に商工会・商工会議所のエキスパートバンクに登録したり、地域応援ナビゲータとして新規事業の立案やブラッシュアップを図ったり、更には経営者交流勉強会の支援や各地での講師活動などを行っている診断士もいます。
 さらに、東京都や各市区町村などもさまざまな支援施策を行っています。中小企業基盤整備機構や東京都中小企業振興公社の施策との連携、各区診断士会を通じた商工相談員、図書館相談員などで経験を積むことも可能です。
 足元を見れば、新たに「働き方改革」「健康経営」「事業承継」など、診断士の知識と経験が必要とされる分野が広がりつつあります。東京協会・支部・研究会やプロコン塾などを通じた人的関係を活かし、自ら活動可能な分野を見つけてください。


2.講師・講演
 講師・講演を収入やスケジュールの核とし、講義内容の錬成を通じた専門性の深化を図ってはいかがでしょうか。具体的には、①中小企業大学校②一般大学院の診断士養成プログラム③商工会議所や商工会④各機関が主催する創業塾⑤診断士受験校などの講師を行うことも可能です。また東京協会では、実務補習や実務従事の指導員、専門分野を生かした理論政策更新研修や商工会・商工会議所の経営指導員向け研修の場を提供しています。


3.著作
 出版により自らの知名度を上げることができます。著述の経験を持つ先輩診断士の指導を受け、出版のノウハウを伝授してもらってはいかがでしょうか。また、診断士協会でも、実務補習テキストや理論政策更新研修テキストの著述の機会があります。


 仕事を確保するには、さまざまな分野で活躍している先輩診断士の話を聞きながら、自分の活動可能な分野を見つけることが重要です。ぜひ、自分の師匠となる先輩と出会ってください。「先輩診断士の指導の下で経験を積み徐々にステップアップすること」が、自立への近道であると考えます。

TOP