TOP >> イベント報告 >>  第22回暮らしと事業のよろず相談会報告
イベント報告
最新の記事
月別の記事
2016.12.29
第22回暮らしと事業のよろず相談会報告

第22回暮らしと事業のよろず相談会報告

 第22回東京の10士業「暮らしと事業のよろず相談会(以下、10士業よろず相談会)」が、10月22日(土)新宿駅西口イベントコーナー地下1階で開催されました。
 10士業よろず相談会は、今回で22年目、毎年恒例のイベントです。これは、東京の10の士業が都民や経営者に対し、無料で「暮らし」や「事業」に関するお悩みにおこたえする相談会です。参加士業は、行政書士、弁理士、公認会計士、不動産鑑定士、弁護士、司法書士、税理士、社会保険労務士、土地家屋調査士と中小企業診断士の10士業と、災害復興まちづくり支援機構が加わっています。今回は日本弁理士会関東支部が幹事となり、総勢169名の方々が相談員、スタッフ、着ぐるみ・PR要員という役割でイベントを進めました。
 10士業よろず相談会のメインは、10士業による相談会です。さまざまな相談に対し、適切な士業の相談員がチームで相談に乗ることで、さまざまな観点で相談に答えることができます。その結果、満足度が高く、アンケートでは90%以上の方が満足されていました。
201701_15p.jpg 今回は、クイズラリーとPRステージという新しい取り組みもありました。クイズラリーは、各士業が、問題を出し団体で、2択で回答していくと景品が貰えるという取り組みで159名の方が参加されました。PRステージは、通路に面したスペースにPRする場を作り、集まった方や通行人に対し、各士業が10分ずつPRする取り組みです。PR用の動画を流す士業や、ゆるキャラを前面に出す士業など、さまざまで各士業ともPRに工夫をしている状況が分かりました。
201701_15.jpg 10士業よろず相談会を盛り上げたのは、士業ゆるキャラです。今回は、4士業(5体)のゆるキャラが参加しました。特に東京都不動産鑑定士協会のアプレイざるちゃん、コンさるくんは、歌とダンスで登場し人気でした。士業ゆるキャラ撮影会には、子供たちが集まり、それにつられて大人たちが集まるという状況になり集客に大いに役立っていました。中小企業診断士は、普段、法人相手の仕事が多く、ゆるキャラを使ったプロモーションをする機会は余りありませんが、このようなプロモーションの仕方も勉強になりました。
 東京協会では、士業PR、士業者同士の親睦、士業連携促進との観点から広報部、会員部、事業開発部が実行委員会に参加しました。 当日は、能力開発部からも相談員として参加し合計12名の要員で、臨みました。中小企業診断士への相談件数は、15件であり過去最大となりました。
 10士業よろず相談会は、来年も開催されますが、他の士業の良いところを学びつつ、士業者同士の親睦、士業連携を進める場として盛り立てていければいいと思いました。

会員部 細野 祐一

TOP