TOP >> イベント報告 >>  診断士1年目の会2016 ~同期との絆を確認した日~
イベント報告
最新の記事
月別の記事
2017.03.27
診断士1年目の会2016 ~同期との絆を確認した日~

診断士1年目の会2016 ~同期との絆を確認した日~

 2月4日(土)、春の気配を感じる昼下がり、東京シティエアターミナル T-CATホール(東京都中央区)に約100名もの1年目診断士が集い、「診断士1年目の会2016」が開催されました。今年は、「ふれる ひろがる 私たちの可能性」というテーマで、東京協会会員部の支援の下、支部を超えた同期生の交流を深めるための企画を幹事が準備しました。

 第1部では、1年目の診断士への【事前アンケートの結果発表】と、平成28年度2次試験の事例Ⅱを用いて、醤油メーカーB社に【成長戦略を提案するグループワーク】を行いました。グループワークでは、女性アスリート、芸能人、漫画の主人公、元プロ野球選手が、B社新社長にそれぞれ就任したと想定し、新社長に対して「B社の売上を2倍にする」ための施策提案を検討しました。  会場は、久しぶりに2次試験問題を解くという熱気と緊張感にあふれていました。ほとんどのグループが終了ギリギリまで提案をまとめ、司会の「時間です!」の声がかかった瞬間には会場のあちこちから感嘆と安堵の拍手が起きていました。その後、それぞれのグループの提案を互いに評価し合い、参加者の支持を一番多く得られたグループから、提案内容が発表されました。

 第2部の懇親会では、第1部で提案内容を発表した各グループに、1年目の会オリジナルデザインの「特別記念図書カード」が贈呈されました。また、会員同士の交流も活発に行われ、1年目の会は大盛況のうちに閉会しました。

 今回の会をきっかけに、診断士1年目という同期の交流が継続され、ひいては東京協会の活性化につながることを期待しています。  最後に、激励にお越しくださいました米田会長をはじめとする諸先輩方、そしてイベントの開催をサポートしていただきました東京協会会員部の皆様に、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

診断士1年目の会2016 幹事 城西支部 井上 誠

TOP