TOP >> イベント報告 >>  平成29年度商店街支援事業中間報告会について
イベント報告
最新の記事
月別の記事
2018.01.25
平成29年度商店街支援事業中間報告会について

地域支援部 鵜頭 誠

 11月14日(火)18時30分から、中小企業会館9階講堂において、地域支援部商店街支援事業の中間報告会が開催され、数々の商店街支援の様子が発表されました。その様子をご報告します。201802_17_1.jpg
 各支部の代表として1名または2名の支援担当者より、商店街支援の状況や成果を中心に、おのおの8分程度の時間で、支援報告のプレゼンテーションがされていきました。
 本年度、地域支援部の商店街支援事業として、都内23商店街を支援しています。
 今回は、支援2年目となる担当者がその支援経過を発表していきました。
 支援1年目の際には、商店街の定例会の関与から現状分析に至る程度だった状況が多かったところ、支援2年目では、数々の支援の具体的結果が見られました。
 各商店街が年間のメインで行うイベント事業への関与、都や区の補助金支援への関与、各商店街が構造的に問題としている点への相談・改善策提言等を行う様子を聞き、中小企業診断士が確実に商店街から必要とされる人材になっていった様子をみることができました。
 全体の発表の後、藤田部長から、今後の商店街支援事業について引き続き要望のあるエリアや継続した支援を希望される会員においては、地域支援実践集事業の活用も検討してほしいとのお話がありました。
 中間報告会は総勢約50名の参加を得て、20時00分頃に予定通り閉会となりました。
 平成30年3月に開催予定の最終報告会に向け、支援される皆様が、支援期間中の取組の締めくくりとともに、本事業で広げていった各地域の支援要望を次なる形に変えていけるよう願っています。

201802_17_2.jpg

TOP