TOP >> イベント報告 >>  第11期東京プロコン塾修了式・成果発表プレゼン・コンペを終えて
イベント報告
最新の記事
月別の記事
2018.04.29
第11期東京プロコン塾修了式・成果発表プレゼン・コンペを終えて

第11期東京プロコン塾修了式・成果発表プレゼン・コンペを終えて
      強みを握りしめて迎えた修了式

城北支部 石井 伸暁

 去る3月11日(日)中小企業会館9階講堂にて、第11期東京プロコン塾の修了式、ならびに塾生による成果発表プレゼン・コンペが開催されました。まずは修了式を迎え、講師、スタッフをはじめとする運営関係者の皆様に心からお礼を申し上げます。
■修了式
201805_11_01.jpg 修了式では、米田会長、中小企業診断協会 小黒副会長、佐藤塾長よりお祝いと励ましのお言葉をいただきました。修了証の授与を経て、卒塾生を代表して松田会員より一年間の謝意と今後の抱負が伝えられました。当日の卒塾生全員の晴れやかな表情からは、充実した学びから得た自信と、卒塾生としての自覚を感じとることができました。
■磨き上げた「話す力」
 当塾では、塾生の「話す力」を徹底的に磨くためのカリキュラムが特徴のひとつに挙げられます。その一環として、塾生は月替わりでセミナー用のレジュメを作り上げ、毎月の講義とともに、プレゼンのトレーニングを行ってまいりました。成果発表プレゼン・コンペは、その集大成と言えるものです。一般聴講の方々が会場を埋め尽くす中、塾生は1年間かけて磨き上げた「話す力」を発揮しながら、自身のコンテンツを披露いたしました。

■修了記念レジュメ集
201805_11_02.jpg 当日お越しいただいた皆様には、11期生のプレゼンコンテンツがギッシリと詰め込まれた「修了記念レジュメ集」をお配りいたしました。私は入塾当初、先輩である10期生のレジュメ集を拝見して、完成度の高さに圧倒されていました。当時、同じように感じた同期の塾生は決して少なくなかったと思います。それが、当塾での鍛錬によって、11期生のコンテンツも先輩に勝るとも劣らない完成度まで進化を遂げたと感じています。

■東京プロコン塾を卒塾して
 私にとって、当塾での一年間はまさに「強みづくり」の場でした。当初はプレゼンのトレーニングでも立ちすくんでいた私が、成果発表プレゼン・コンペでは首位の評価をいただくまで「話す力」を高めることができたのは、当塾のカリキュラムがあってこそだと確信しております。今後も東京プロコン塾11期生は、それぞれの強みを握りしめ、さらなる研鑽の道を歩みます。引き続き、厳しくも暖かいご指導をいただきますようお願いいたします。

TOP