TOP >> イベント報告 >>  秋大会2018 開催報告
イベント報告
最新の記事
月別の記事
2018.11.29
秋大会2018 開催報告

会員部 吉井 洋

 東京協会の秋大会が10月13日(土)にTKP市ヶ谷カンファレンスセンターにて開催されました。当日は好天に恵まれ、本年度も542名の方(うち、協会への入会を検討中の方67名)に参加いただき、盛況のうちに無事終了いたしました。
 近年、スプリング・フォーラム開催以降に診断士登録される方の人数が増え、診断士養成機関や大学校の課程修了を経ている方々にも参加いただきました。また、企業内診断士交流会や懇親会など、会員同士の交流を目的にされた既会員の企業内診断士の方々にも多数参加いただきました。これから協会への入会を検討される方への情報発信の場でもあり、既存会員の交流の場でもあるイベントとして期待される中での開催となりました。

【第1部】東京協会の活動紹介
201812_16_1.jpg 第1部では、松枝会長から、協会の現在の内外環境やこれからの協会について、また協会への入会を検討される方へのメッセージをお話いただきました。その後 総務部、広報部、研究会部、能力開発推進部、実務従事支援部の各部長から各部の活動紹介、6支部の支部長から特徴やビジョンを踏まえた各支部の紹介をいただきました。短い発表時間ではありましたが、各部、各支部の発表は、要点を中心に特徴やメッセージがわかりやすく表現され、参加された方々が熱心に耳を傾けている様子がうかがえました。

201812_16_2.jpg201812_16_3.jpg201812_16_4.jpg

201812_16_5.jpg201812_16_6.jpg201812_16_7.jpg

【第2部】研究会・同好会の紹介
 本年度から、各研究会の活動を紹介するプレゼンテーションは、午前中に「新勧ピッチ」として別実施されました。秋大会の第2部は研究会・同好会が各ブースで入会検討者への勧誘や説明を行いました。スプリング・フォーラム同様、会場は熱気に包まれ、活気が溢れておりました。
 また、第2部の時間に企業内診断士交流会が同時に開催され、企業内診断士を中心に多くの方が参加されておりました。

【第3部】6支部 支部別説明会
 支部ごとに支部の特徴や活動の説明会を開催しました。どの支部も、入会を検討される方を暖かく迎える創意工夫を凝らしており、人と人との関係性を大事にしようとする各支部のメッセージが感じられる説明会の空間でした。

【第4部】懇親会
 7階ワンフロアの会場内に6支部全てを集約、280名の方が集まりました。会場は、支部ごとに「主に集まるエリア」が設定されており、各支部内での交流と支部を超えた交流が縦横無尽に行われておりました。壁や仕切りのないフロアの中で、大まかに支部エリアが設定されるフロアレイアウトを活かした人の動きがありました。懇親会では、森川専務理事、城会員部長のあいさつに加え、企業内診断士交流会のアフターパーティー告知、診断士1年目の会の幹事紹介と実施会合予定告知が行われました。
 新たな交流を生み出し、今までの交流を深める場として、短い時間ではありましたが参加者の明るい声と表情の絶えない時間でした。

201812_17_1.jpg201812_17_2.jpg201812_17_3.jpg

【秋大会を振り返り】
 会員や入会検討者に向けた情報発信や交流機会の場として、スプリング・フォーラムと並んで期待と重要度の高い行事であることを改めて実感しました。初めて協会の行事に参加する方のみならず、普段はなかなか協会活動に参加できない会員やさらなる会員同士の交流を深めたい会員の期待を受けた行事であることを踏まえ、より一層の発展と進化に向けて皆様のご協力を賜りたく存じます。

TOP