TOP >> イベント報告
イベント報告
最新の記事
月別の記事
2018.09.29
国際オープンセミナー2018報告

国際部

 8月4日(土)中小企業会館にて国際オープンセミナーを開催いたしました。今回は「中小企業の海外展開支援に役立つ施策」というテーマのもと、3本の講演が行われました。
午後1時半からという正に酷暑のなか、89名の参加者を迎え、中小企業会館講堂がほぼ一杯となる盛況ぶりでした。
 講師と講演内容について、以下簡単にご報告いたします。
 第一部として経済産業省経済産業政策局新規事業創造推進室室長補佐の上田翔氏により、「J-Startupについて」の講演をいただきました。J-Startupは経済産業省の取り組む新しい施策で、「日本のスタートアップに次の成長を。世界に次の革新を。」というビジョンに基づくもの。具体的には推薦委員により選ばれた92のスタートアップ企業に対して、集中支援を行い、対象企業がグローバルに競争できるようにするというものです。講演後の質疑では「支援先をスタートアップ企業に認定してもらうにはどうすればよいか」といった参加者の質問に対し、丁寧に回答をされていました。また、上田氏は懇親会にも参加され、参加者の中小企業診断士と交流を深められていました。参加者にとっても刺激となる機会であったと思います。
 第二部では株式会社ワールド・ビジネス・アソシエイツ(WBA)の杉浦社長に「中小企業の海外展開施策活用方法」~JICA中小企業海外支援展開のお誘い~というテーマで講演をいただきました。国の政策全般の話から、JICAの施策内容、中小企業診断士がいかにこのJICAの施策活用に関わっていくことができるのか、といった内容を豊富なご経験に基づき、判りやすく解説いただきました。続いて、JICA施策活用の体験談として、日本自動機工株式会社の古屋社長と北元理事より、施策を活用して、インドネシアに自社の持つラバーダム技術の展開を実施した実例を紹介いただきました。ご自身も中小企業診断士である古屋氏からは、会社経営全般の観点から、海外展開に至った経緯を中心に説明いただきました。そのうえで、インドネシアでの事業やJICA対応を主担当として実施した北元氏の体験談、中小企業診断士がJICA事業に参画する場合のポイントの解説がありました。
 国の新しい施策、海外関係の仕事についての理解を深めたい中小企業診断士にとって、関心を持っていただける機会となったのではないかと思います。

201810_22p_1.jpg 201810_22p_2.jpg

2018.07.25
第7回定時総会が開催される

広報部

 

 6月15日(金)午後4時より鉄鋼会館にて第7回定時総会が開催されました。開会にあたり米田英二会長より平成29年度事業を総括してのご挨拶がありました。
 議長選任の後、表決権を行使する人数の確認として、平成30年3月31日現在の正会員数4,183名、定足数は3分の1の1,395名のところ、出席社員数(委任状による者を含む)は1,419名であり総会として成立しているとの報告がされました。
 議長による議事録署名人の指名後、各部室・委員会・支部から平成29年度の事業報告ならびに平成30年度事業計画および収支予算についての報告がありました。
 続いて、第1号議案『平成29年度収支決算承認の件』、第2号議案『理事27名および監事3名選任の件』、第3号議案『常勤役員に対する報酬総額決定の件』について審議が行われ、承認を求めたところ賛成多数で第1号議案、第2号議案、第3号議案は可決されました。その後、会員慶弔規程第5条による古希の慶祝および記念品贈呈が行われました。
 この後、別会場で理事会が開催され、松枝新会長の選任と、副会長、専務理事、部・室長および委員長の選任が行われました。
 午後6時より懇親会が開催され、松枝新会長の開会挨拶と米田前会長の挨拶に続き、来賓として東京都議会議員・中小企業診断士の三宅茂樹様、経済産業省関東経済産業局産業部長 山口栄二様、東京都知事 小池百合子様からご祝辞を頂戴しました。ご来賓のご紹介、祝電披露を経て、東京都商店街連合会会長 桑島俊彦様に乾杯のご発声をいただき懇談に移りました。なごやかな雰囲気のなかで懇談が進み、鳥海孝副会長の中締めで懇親会はお開きとなりました。

201808_25.jpg

201808_24_1.jpg201808_24_2.jpg201808_24_4.jpg201808_24_5.jpg201808_24_6.jpg201808_24_7.jpg201808_24_3.jpg

2018.06.28
2018年 スプリングフォーラム 参加者アンケート報告

会員部

 本年度「スプリングフォーラム」(4月14日(土)開催)において実施しました参加者アンケートの主な集計結果を、以下に報告します。当日の参加者は991名(実行委員・役員を除く)、アンケート有効回答数は161件、うち42件(26.9%)が新入会員、59件(35.9%)が入会未定者からの回答となっております。

201807_14_1.jpg

 全体を通して、有効回答の91.0%(うち新入会員95.2%、うち入会未定 86.5%)の方が「大変良かった」または「良かった」と回答しています。これらは、数年前に比較してもかなり高い割合でありスプリングフォーラムに対して改善を重ねて来た効果はあったと考えられます。一方、入会未定者の満足度はわずかながら新入会員や全体の満足度より低い状態です。まだ、入会未定者に東京協会の良さをよく知っていただくためのイベントですので、まだ努力の余地はあると考えています。
 第1部「東京協会 活動内容の説明」について、第2部「研究会・同好会等の活動紹介」、第3部「各支部に分かれての活動内容の説明」に関しても全体的な傾向同様に数%程度、新入会員に比較して入会未定者の割合が低いです。東京協会のことをある程度わかって新規入会している会員に比べて入会未定者に活動内容を説明して理解していただく方が難しいのは当然ですが、より入会未定者の目線で何が良いのかを伝える工夫が必要であると会員部として感じました。また、定性的には第1部に関しては、タイムマネージメントを工夫してほしいというご指摘がありました。第2部に関しては、通路が狭く通りにくいというご指摘があります。第3部に関しては、各支部を回遊して3支部ほど見て回りたいというご指摘がありました。これらは毎回ご指摘いただいており、会員部として改善の努力をして参りました。指摘件数が減っていることから改善はされていると思いますが、努力の余地がまだあるということだと考えております。「第2部、第3部はもっと動線を工夫してはどうでしょうか」という会員からの直接のご指摘がございました。ごもっともなご意見であり、検討して参りたいと思います。

 次に今後協会・支部の活動に参加しますか?という質問に対する回答の結果を報告いたします。

201807_15_1.jpg

 講演会、イベント、研究会等については全体で60.0%~70.0%が「参加する」と回答しております。

 最後に参加した動機に関するアンケートの回答結果を記載します。入会未定者と新入会員に関して来場動機の顕著な違いはこのアンケートの範囲からはわからないようです。未入会者の全体的な満足度を高くするためにはもっと未入会者の隠れたニーズに耳を傾ける必要があると考えています。

201807_15_2.jpg

2018.05.29
スプリング・フォーラム2018

会員部 一同

 毎年恒例行事である「スプリング・フォーラム2018」が、4月14日(土)、TKP市ヶ谷カンファレンスセンターにて、盛大に開催されました。
 当日は、一時的に雨の予報もありましたが、お天気はもち、過ごしやすい一日となりました。出席者数は1,076名で、うち新入会員、未入会者の数が300名を超え、ここ数年続いている高い参加水準となり、活気あるイベントとなりました。

201806_14_1.jpg

《第1部》東京協会の活動紹介
 第1部では東京協会の活動説明会が行われ、米田会長からは「中小企業診断士」は高い志をもって、小さなことをコツコツと積み上げることが鉄則であること、スプリング・フォーラムは貴重な出会いの場として活用して欲しいとの挨拶がありました。協会活動の紹介に続き、各支部長による支部説明が行われました。支部の特長がさまざまな切り口から紹介され、新入会員が熱心に耳を傾けていました。

201806_14_2.jpg201806_14_3.jpg201806_14_4.jpg201806_14_5.jpg201806_14_6.jpg201806_14_7.jpg

201806_15_1.jpg

《第2部》研究会・同好会等の活動紹介
 第2部の研究会等活動紹介では、各種団体も含め150の研究会等がブースを出展しました。開場と同時に、多くの新入会員、未入会者が各ブースを訪れ、自分に合った診断士活動の足掛かりを見つけようと、会場は熱気に包まれました。既存会員もさまざまな工夫を凝らした演出や説明で熱心に活動紹介を行っていました。

《第3部》支部オリジナルイベント
 第3部の各支部オリジナルイベントは、昨年の秋大会に続いて、複数の支部のイベントを回遊できるように、前後半2部制で開催されました。先輩診断士の体験談や相談会あり、地域のクイズあり、インタビュービデオの上映ありと、バラエティに富んだ支部イベントの間を行き交う新入会員の姿が見受けられました。

201806_15_2.jpg201806_15_3.jpg201806_15_4.jpg201806_15_5.jpg201806_15_6.jpg201806_15_7.jpg

201806_15_8.jpg《第4部》支部合同新入会員歓迎懇親会
 合同懇親会には552名の皆様にご参加いただき、名刺交換ゲームを実施、賞品「東京の銘菓」を獲得すべく、盛り上がりました。

《スプリング・フォーラムを振り返って》
 近年は、未入会の方が多く参加されて、この後で入会を決める傾向が続いています。皆様のご協力により、多くの方に東京協会の活動をご理解いただけたのではないかと、感謝申し上げます。来年以降も、より良い会となるよう、一層のご協力をいただければ幸いです。

2018.05.29
東京協会認定研究会 新勧ピッチ2018「スプリング・フォーラム同日午前」開催のご報告

研究会部

 4月14日(土)の午前中、研究会の活動や成果を紹介するイベント、「東京協会認定研究会 新勧ピッチ」を開催しました。当日は、東京協会認定の27の研究会による活動実績や年間計画の発表を行いました。おのおのの研究会で特長を端的に紹介いただき、どのような方が参加されているかも含めて伝えることができました。午後に開催されたスプリング・フォーラムでの研究会ブースと併せて、新入会員の皆様の参考になったかと思います。
 今年度の研究会活動のさらなる発展に繋がれば幸いです。

■発表研究会一覧

201806_13_1.jpg

■当日参加者からのご感想
 東京協会認定研究会新勧ピッチ2018に参加して、各研究会の持ち時間が少ないこともあり、全体的にやや消化不良でした。もちろん、個別に午後のブースで直接話をうかがうこともできますが、短時間で効率的な情報収集を行いたいという新診断士の立場からすれば、各研究会の主な活動内容・特徴と、特に類似内容の研究会の場合はその違いが分かるような内容を一覧できる資料(1研究会あたり2~3行程度)をご用意いただくと理解がしやすかったと思いました。しかしながら、全体の進行はスムーズで、コンパクトな説明で大変良かったと思います。(新規入会員・中央支部・W様)

2018.04.29
第11期東京プロコン塾修了式・成果発表プレゼン・コンペを終えて

第11期東京プロコン塾修了式・成果発表プレゼン・コンペを終えて
      強みを握りしめて迎えた修了式

城北支部 石井 伸暁

 去る3月11日(日)中小企業会館9階講堂にて、第11期東京プロコン塾の修了式、ならびに塾生による成果発表プレゼン・コンペが開催されました。まずは修了式を迎え、講師、スタッフをはじめとする運営関係者の皆様に心からお礼を申し上げます。
■修了式
201805_11_01.jpg 修了式では、米田会長、中小企業診断協会 小黒副会長、佐藤塾長よりお祝いと励ましのお言葉をいただきました。修了証の授与を経て、卒塾生を代表して松田会員より一年間の謝意と今後の抱負が伝えられました。当日の卒塾生全員の晴れやかな表情からは、充実した学びから得た自信と、卒塾生としての自覚を感じとることができました。
■磨き上げた「話す力」
 当塾では、塾生の「話す力」を徹底的に磨くためのカリキュラムが特徴のひとつに挙げられます。その一環として、塾生は月替わりでセミナー用のレジュメを作り上げ、毎月の講義とともに、プレゼンのトレーニングを行ってまいりました。成果発表プレゼン・コンペは、その集大成と言えるものです。一般聴講の方々が会場を埋め尽くす中、塾生は1年間かけて磨き上げた「話す力」を発揮しながら、自身のコンテンツを披露いたしました。

■修了記念レジュメ集
201805_11_02.jpg 当日お越しいただいた皆様には、11期生のプレゼンコンテンツがギッシリと詰め込まれた「修了記念レジュメ集」をお配りいたしました。私は入塾当初、先輩である10期生のレジュメ集を拝見して、完成度の高さに圧倒されていました。当時、同じように感じた同期の塾生は決して少なくなかったと思います。それが、当塾での鍛錬によって、11期生のコンテンツも先輩に勝るとも劣らない完成度まで進化を遂げたと感じています。

■東京プロコン塾を卒塾して
 私にとって、当塾での一年間はまさに「強みづくり」の場でした。当初はプレゼンのトレーニングでも立ちすくんでいた私が、成果発表プレゼン・コンペでは首位の評価をいただくまで「話す力」を高めることができたのは、当塾のカリキュラムがあってこそだと確信しております。今後も東京プロコン塾11期生は、それぞれの強みを握りしめ、さらなる研鑽の道を歩みます。引き続き、厳しくも暖かいご指導をいただきますようお願いいたします。

2018.03.29
第8回WALK&RUNフェスタ2017開催報告 ~冬季五輪の熱気を追い風に、お台場のコースを気持ちよく走る~

 2月17日(土)、毎年恒例となる第8回WALK&RUNフェスタが開催されました。当イベントは、参加者各自のペースに合わせ、「10kmを走る中級者グループ」、「5kmをゆっくり走る初級者グループ」、「2kmをのんびり歩く初心者グループ」に分かれ、気持ちの良いお台場近辺のランニングコースを満喫して、その後、運動後の美味しいビールを飲み交わし会員同士の交流を深めるというものです。台場駅前のグランドニッコー東京台場に集合したタイミングで平昌冬季五輪男子フィギュアスケートの羽生、宇野両選手の金、銀のメダルが決定して、歓喜に沸きRUN直前のモチベーションは絶好調に高まりました。
 グランドニッコー東京台場4階にあるランステで着替えをしていざ出発です。海辺の風は少々冷たいものの、たくさんの観光客で賑うダイバーシティ東京前のガンダム立像やアイドルイベントを横目に、ヴィーナスフォートやMEGAWEBの観覧車前を駆け抜け、国際展示場前を折り返すという休日の観光気分も十分に堪能できる気持ちの良いコースでした。普段はあまり交流のない診断士同士でも、こうした健康的なイベントで共に汗をかくことで交流が深まります。
 第二部は、デックス東京ビーチ内の居酒屋での懇親会です。走り終えた後にシャワーで汗を流し、乾いた喉をビールで潤すと、程良く疲れた身体に美味しいお酒と楽しい会話でその後も大いに盛り上がりました。

22p-写真.jpg中央支部 石川 麻子

2018.03.29
診断士1年目の会 ~空前絶後の健康社員‼ 超絶怒涛の健康経営‼~

 2月10日(土)、近年まれにみる寒い冬のもと、東京シティエアターミナル T-CATホール(東京都中央区)に約80名もの1年目診断士が集い、「診断士1年目の会2017」が開催されました。会員部の支援の下、今年は「健康経営」というテーマを掲げ、支部を超えた同期生の交流を深めるための企画を、幹事6人が準備しました。

21p-上写真.jpg 第1部では、まず初めに最近話題の健康経営についてのセミナーを幹事により実施しました。幹事6人全員も「健康経営アドバイザー(初級)」の認定を取り、この日に臨みました。その後、これから健康経営を取り入れ、会社経営に活かそうとしている株式会社遠藤製餡の遠藤副社長をお招きし、実際の企業においての健康経営への取り組みと課題についてお話をしていただきました。それらの実際の現場での課題をもとにグループディスカッションを行いました。会場は、実際の経営者からの生の声を聴き、課題解決に取り組むということもあり、各班とも短い時間ではありましたが、活発な議論が行われました。その後、遠藤様よりランダムに選んでいただいた3班が提案を発表しました。発表後、遠藤様からの反応も非常に良く、限られた時間内の中で「これだけの議論」を出せたと感心しておられました。
21p-下写真.jpg 第2部の懇親会では、1年目の診断士への事前アンケートの結果発表と第1部で提案内容を発表していない残りの班すべてが経営者の前で発表を行い、それぞれ感想をいただきました。
 また、支部を超えた会員同士の交流も活発に行われ、1年目の会は大盛況のうちに閉会しました。今回の会をきっかけに、診断士1年目という同期同士での交流が促進され、ひいては東京協会の活性化につながることを期待しています。
 最後に、激励にお越しくださいました米田会長をはじめとする皆様、お忙しい中ご参加いただきました診断士1年目の皆様、そしてイベントの開催をサポートしていただきました会員部の皆様に、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。


診断士1年目の会2017 幹事 城東支部 森 順也

2018.02.28
東京協会認定研究会 第4回『活動成果プレゼンコンペ大会報告』

東京協会認定研究会
第4回『活動成果プレゼンコンペ大会報告』


研究会部


 1月28日(日)、第4回目の「東京協会認定研究会活動成果プレゼンコンペ大会」を開催しました。約50名の参加を得て、7研究会による熱いプレゼンが行われました。聴講者の方々も熱心に耳を傾けていました。発表研究会および発表テーマは以下のとおりであり、聴講者全員による投票が行われた結果、優秀賞に2研究会が同得点であったことから、受賞は次の4研究会に決まり、米田英二会長から表彰状および副賞が授与されました。


受賞研究会

 最優秀賞 「商店街研究会」
 優秀賞 「終活ビジネス研究会」、「営業力を科学する売上UP研究会」、
      「コンサルティング・ビジネス研究会」

18p-写真.jpg

発表研究会およびテーマ等(発表順)

18p-表_20180302修正.jpg

2018.02.28
ミャンマー海外事業調査団派遣報告

ミャンマー海外事業調査団派遣報告

 国際部の事業の一環として、2017年11月24日・午前出発-12月1日・早朝帰国の日程で、ミャンマー(ミャンマー連邦共和国)海外事業調査団を企画・派遣した。東京協会としての海外事業調査団派遣は前回の2012年以来の復活であった。
 さて、ミャンマーは高い経済成長率(2016年実質GDP成長率6.3%)を維持しており、アジアのラストフロンティアと呼ばれている。世界銀行は、今後もインフレ率の低下、個人消費や企業の設備投資の増加、インフラ整備などの公共投資の拡大を予想し、3年間の経済成長率について、平均7.1%と見込んでいる。
 日本企業から見たミャンマーの魅力は、「外国投資法」や「経済特区法」など、積極的に海外直接投資を誘致する姿勢を打ち出していることである。また、勤勉、低廉かつ温厚で手先が器用な、豊富な労働力が魅力的であるため、特に縫製業では中国やベトナムに次ぐ候補地の一つとして注目されている。
 東京協会として海外事業調査団を過去にも数回、直近では2012年にミャンマーに派遣している。しかしながら現在のミャンマーは大きく変革を遂げようとしており、経営環境や法制度も大きな変化の最中にある点、ティラワ工業団地という日本・ミャンマー両国の協力による近代的インフラを整備した大規模工業団地が開発され、稼働を始めたという点で、当時に比べ大きく変わっているであろうということを踏まえ、ミャンマーへの海外事業調査団の派遣を決定した次第である。
 今回の調査団では、最新のミャンマーの魅力を検証し、現状を把握するとともに、中小・中堅企業の視点に立ち、下記主たる調査項目を念頭に現地調査を行った。
   1)社会・経済情勢
   2)投資環境
   3)ビジネスチャンスとリスク
   4)経営ノウハウと商習慣
 また、調査団の構成は下記のとおりである。
 米田会長を含め総勢22名、各支部ごとの内訳は中央5名、三多摩5名、城西4名、城南3名、城北2名、城東1名、埼玉県協会1名、連合会事務局1名。
 ミャンマー商工会議所などの公的機関、日系進出企業、現地資本企業、ティラワ工業団地など12箇所を訪問するとともに、世界三大仏教遺跡の一つである「バガン」におけるツーリズム状況の視察や、「ヤンゴン」市内における旧来の市場、現代的ショッピングセンター訪問体験などを通じ、多くの貴重な知見、経験、情報を得ることができた。詳しくは参加者により分担執筆をした事業報告書においてこれらを具体的に取りまとめている。

国際部長 山本 倫寛

17p-写真.jpg

【ミャンマー海外事業調査団報告書】(PDFファイル)
 ミャンマー海外事業調査団報告書.pdf

TOP