TOP >> 研究会のご紹介  >> その他 >> もの・ことづくり実践研究会
もの・ことづくり実践研究会
会の名称 もの・ことづくり実践研究会
代表者

吉倉 英代

所 属 東京協会
担当者等

松井 淳
(代表者)吉倉 英代

No. -
例会場所

中央区立 人形町区民館 等

会員数

20人

開催日時

原則 毎月 第2水曜日
19:00 – 20:30

会費等

5,000円/年

会の紹介

1.研究会の目的
「ものづくり」「ことづくり」に注目し、ものづくり企業や組合、支援施設等のサポートのあり方について研究し実践しています。
※「ものづくり」=従来型の製造業に加えて、ソフト、コンテンツ等も含めた広義の製造業。
 「ことづくり」=「モノづくりに参加する人たち全員に夢やロマンのある旗印を明示し,その実現のためにみんなが奮い立ち,情熱を持って力を合わせて働きたくなるような仕組みや仕掛け,システムを組み込むこと」


2.活用の状況
①日本の「ものづくり」に「ことづくり」の視点を取り入れたビジネス構築を研究
②ものづくり系創業支援施設・コワーキングオフィスに関する各種支援の実施
③ものづくり企業や業界団体・組合等の事業発展に関する経営診断と各種支援の実施  です。


3. 活動の特色
企業訪問や各種講演の実施など、独立診断士だけでなく企業内診断士の方々にも広く活躍の場があります!

TOP