TOP >> 研究会・懇話会のご紹介  >> 衣・食・住・医療・福祉等関連 >> 住宅産業経営支援研究会
住宅産業経営支援研究会
会の名称 住宅産業経営支援研究会
代表者

飯島 康

所 属 東京協会
担当者等

佐々 比呂之
(代表)飯島 康

No. 24
例会場所

久松町区民館(人形町)、他

会員数

28名

開催日時

原則、毎月第1日曜日
(13:30~17:00)

会費等

年会費:12,000円

会の紹介

1.研究会の目的
住宅産業の経営に関心を持つ中小企業診断士が、互恵の精神で相互に連携し、支援のための診断・指導についての専門的資質の向上を図ることにより、住宅産業の健全なる発展に寄与することを目的としています。


2.活動内容
・今年のテーマは、作成した事例集「地域工務店の受注の方程式」を活用した中小工務店支援の実践です。
・定例会では、①「会員からの研究報告」による情報交換、②「外部講師」として住まいづくりに携わる経営者等を招いての講演、③「現場見学会」として元気な工務店や建設現場等の訪問等を実施しています。


3.研究会の特色
住宅分野で唯一の研究会であり、会員はプロコンと企業内の方が半々と、バランスの良い研究会です。

TOP