TOP >> 東京協会からのお知らせ >>  経営支援事例・ツール開発の発表論文を募集します
東京協会からのお知らせ
最新の記事
月別の記事
2016.05.29
経営支援事例・ツール開発の発表論文を募集します

平成28年度「中小企業経営診断シンポジウム」第2部第3分科会
経営支援事例・ツール開発の発表論文を募集します

研究会部

来る11月8日(火)、平成28年度「中小企業経営診断シンポジウム」が東京ガーデンパレスにて開催されます。例年通り、第2部の第3分科会では「東京都中小企業診断士協会による研究会成果発表」が行われます。
今年も下記要領にて発表論文を募集いたします。
日頃の研究会活動成果のまたとない発表の場となりますので、奮ってのご応募をお待ちしております。

1.募集対象および単位
募集対象:東京協会の研究会・懇話会、支部の研究会(研究会に準ずる会、団体等含む)
募集単位:研究会・懇話会等(個人での応募は不可です)

2.募集テーマ(①または②のいずれかを選択)
① コンサルティング・経営支援の成功事例
② 診断・支援に役立つツールの開発事例

3.募集要領
応募方法:研究会等の名称、申込者氏名および連絡先のe-mailアドレスを明記のうえ、メールでお申し込みください。
申込み先:東京協会事務局(e-mail:info_tokyo@t-smeca.com)清水あて
応募期限:7月22日(金)17:00
応募用紙の提出:応募者には応募後に東京協会事務局から送付される「応募用紙」に『活動成果の概要』等の必要事項を記載の上、8月5日(金)までに提出していただきます。

4.入選論文の選定および本選での発表について
8月中旬、選考委員会において応募内容の予備審査を行い、数編の入選論文を選定します。
入選論文は、11月8日(火)「中小企業経営診断シンポジウム」の第2部第3分科会において発表(プレゼンテーション)を行い、その中から、東京協会会長賞(副賞10万円)1編、優秀賞(副賞3万円)数編を選定のうえ、表彰いたします。

5.問合せ先  研究会部 橋爪直幸(e-mail:hashizume.naoyuki@r2.dion.ne.jp)

201606-14p-1.jpg201606-14p-2.jpg

TOP