TOP >> 資格更新について >>  実務従事事業について >>  実務従事カンファレンス2015 開催報告
資格更新について
最新の記事
月別の記事
2015.10.29
実務従事カンファレンス2015 開催報告

実務従事カンファレンス2015 開催報告
今回も盛況!、10案件でマッチングが成立!
(次回マッチング大会は、2016年春に開催予定)

 10月3日(土)にAP浜松町にて、実務従事カンファレンスを開催いたしました。今回の大会には、各支部、他県協会、非会員の参加者を合わせて94名の方が参加されました。参加者を募集したマッチング案件では、10件が成立し盛況な大会となりました。マッチング結果の概要は以下の通りです。

  参加人数:94名
  成立案件数:10件
  案件参加者:56名


◉基調講演
 冒頭で、東京協会の小黒会長より、「役に立つ中小企業診断士になってほしい。実務従事案件への参加を通して、指導員のノウハウや、お客様に対する態度など、良い面を吸収してほしい。」という挨拶をいただきました。
 その後、東京都商店街振興組合連合会理事長/(株)全国商店街支援センター代表取締役社長の桑島俊彦氏をお招きし、「商店街支援に求められる中小企業診断士のスキルについて」というテーマでご講演いただきました。桑島氏からは、商店街を巡る国や東京都との折衝について臨場感あふれる話をお聞きしました。私たちが普段知ることのない話が多く、貴重な機会でした。「商店街は地域社会におけるセーフティネットであるが、国や県の施策などの最新情報が不足し、また、補助金の申請書作成でも苦労している。中小企業診断士にサポートをお願いしたい。」と、中小企業診断士への高い期待をお話しいただきました。

◉実務従事制度説明会:
 実務従事支援部の杉山部長が、会員向けに、実務従事制度の概要、東京協会における実務従事の取り組み、実務従事案件への参加方法などを説明しました。また、今回より、実務従事案件の参加料が改定された点についても説明がありました。9p-写真1.jpg
 
◉指導員・副指導員向け説明会:
 実務従事制度説明会と同時に、実務従事事業の指導員・副指導員に向け説明会を開催しました。実務従事支援部の上品副部長より、実務従事案件の診断先選定や診断日程に関わる基準や、診断を開始・運営するための手続き方法やシステムの利用方法を説明しました。9p-写真2.jpg

◉募集案件の概要説明会:
 今回の実務従事カンファレンスで参加者を募集する案件について、指導員から、診断企業の概要や診断日程、診断のポイント、習得できるスキル等についてプレゼンテーションがありました。参加者は、応募する案件を見極めるために熱心に耳を傾け、メモを取っていました。

◉案件マッチング会:
 最後に、一つの会場に集まり、マッチング会を行いました。マッチング会は、その場で実務従事案件に参加申込みをすることができます。会場は多くの会員で溢れかえり、参加を希望する案件に応募するため、我先にと指導員の前に列をなし、熱気と緊張感に包まれていました。9p-写真3.jpg

TOP