TOP >> 資格更新について >>  実務従事事業について >>  東京都中小企業診断士協会 秋大会【同日開催】実務従事マッチング大会
資格更新について
最新の記事
月別の記事
2016.11.29
東京都中小企業診断士協会 秋大会【同日開催】実務従事マッチング大会

参加人数135名、募集13案件でマッチング成立
(次回マッチング大会は2017年4月に開催予定)

10月15日(土)にTKP市ヶ谷カンファレンスセンターにて、東京都中小企業診断士協会秋大会と同日開催で「実務従事マッチング大会」を開催し、135名の会員が参加されました。参加者を募集した17件のマッチング案件のうち、13件で案件が成立、62名が案件に申込をし、盛況のうちに大会が終了しました。マッチング結果の概要は以下の通りです。201611-9p-LeftUp_Morikawa.jpg

  参加人数:135名
  成立案件数: 13件
  案件参加者: 62名

◉実務従事制度説明会
 説明会の冒頭では、東京都診断士協会の森川副会長より、「実務従事ポイントの獲得だけではなく、実務を経験し、専門性を高めて行って欲しい」という挨拶を頂戴しました。その後、実務従事支援部の片桐部長が、東京協会における実務従事事業の取り組み、実務従事制度の概要、案件への参加方法や注意事項などを説明しました。今回のメインイベントであるマッチング会での案件申込方法について説明をした際には、特に、参加者はメモを取りつつ、熱心に聞いていました。201611-9p-LeftCenter.jpg
 
◉指導員・副指導員向け説明会
 実務従事事業の指導員・副指導員向けに、実務従事支援部の上品副部長より、実務従事案件を運営するための手続きや各種書類の様式、システムの利用方法を説明しました。
 何度も案件指導員をされている会員も、手続方法を再確認するために、説明会に参加されていました。

201611-9p-LeftDown.jpg◉募集案件の概要説明会
 参加者を募集する17案件について、指導員が診断企業の概要や診断ポイントなどについてプレゼンテーションを行いました。Web募集とは異なり、案件の概要や特長を、指導員より直接聞くことができるのがマッチング会の特長です。参加者は、2つのプレゼン会場を何度も往来し、案件の説明を熱心に聞いていました。指導員は、案件に参加することで得られるスキルやスケジュールなどを、4分間という限られた時間で簡潔に説明していました。

◉案件マッチング会201611-9p-RightUp.jpg
 イベントの最後に、会場で案件に参加申込みを行うマッチング会を行いました。マッチング会場は、開始前から多くの会員で溢れていました。マッチングでは、参加希望者が定員を超える案件もあり、合計で2回の参加申込を行いました。参加者が確定をした案件では、指導員と参加者の間で名刺交換や最初の打合せを行い、これから始まる実務従事案件が早速スタートしていました。

◉次回のマッチング大会201611-9p-RightDown.jpg
 次回は、2017年4月に開催を予定しています。詳細は、決定し次第、TSニュースや東京協会ホームページに掲載してお知らせいたします。
 また、随時、Web募集も行っていますので、会員向けメールをご確認ください。

TOP