TOP >> イベント案内 >>  TOKYO SMECAゼミナール(9月度)のお知らせ
2019.08.30
TOKYO SMECAゼミナール(9月度)のお知らせ

能力開発推進部

老舗菓子企業における事業承継とその後の挑戦
~カステラ一番、電話は二番、承継した会社は... ~

【セミナー概要】
 9月にお招きするのは、「カステラ一番、電話は二番、三時のおやつは文明堂」で有名な株式会社文明堂東京の大野進司社長です。
 カステラは戦国時代の天文年間にスペインからポルトガル船に乗って長崎に伝来しました。その後、明治33年に中川安五郎が長崎丸山町で創業したのが、カステラの中でもトップブランドのひとつである文明堂の始まりです。さらに、大正11年には安五郎の実弟である宮﨑甚左衛門が上野黒門町に出店し東京進出を果たします。また、大正14年には宮内省(現宮内庁)御用達を賜りました。あの有名な宣伝コピーは、当初は昭和10年に電話帳の裏表紙全体に出された広告で、昭和32年からはテレビコマーシャルでも流れるようになりました。大正12年の関東大震災や昭和20年の東京大空襲では店舗焼失の憂き目に遭うなど苦労を重ねましたが、現在では、カフェや工場併設の売店なども含めて全国に150店舗近くを出店しています。
 現在の代表取締役である大野社長は、文明堂に入社する以前は国内の大手半導体メーカーで勤めていました。それが、思わぬ巡り合わせにより文明堂の経営の舵取りを行うことになったのです。そして、「のれん分けによる多店舗展開」の逆機能として生じていた経営上の無駄や非効率を改善するために、経営統合を進めていくことになります。
 今回のセミナーは、大野社長から直接、「事業承継の経緯」、「承継の際に苦労したこと」、「老舗企業の経営統合」などのお話をうかがうことのできる大変有意義なセミナーです。中小企業の経営改善に役立つヒントを得る絶好の機会として、ぜひ、ふるってご参加ください(大変恐縮ではございますが、定員になり次第締め切りとさせていただきます...事前申し込みの無い方の来場は、固くお断りさせていただきますのでご容赦くださいませ)。

日 時:9月24日(火)18:30~19:50(受付開始は 18:00)
会 場:中小企業会館 9階講堂(定員90名)
講 師:株式会社文明堂東京 代表取締役社長 大野 進司(おおの しんじ)氏
会 費:1,000円 ※中小企業クラブと東京協会の会員以外は2,000円です
申込み:会員Myページ(https://www.j-smeca.jp/)イベント情報からお申し込みください
主 催:一般社団法人 東京都中小企業診断士協会 能力開発推進部

TOP