TOP >> イベント報告 >>  東京都中小企業診断士協会主催「中小企業診断士の日」報告
イベント報告
最新の記事
月別の記事
2019.11.29
東京都中小企業診断士協会主催「中小企業診断士の日」報告

東京都中小企業診断士協会主催「中小企業診断士の日」
イベントのご報告

 11月6日(水)、東京協会では、中小企業経営診断シンポジウムの同時開催イベントとして「中小企業診断士の日」イベントを開催いたしました。本イベントでは、東京協会HPで公募した、「中小企業診断士川柳」の最優秀作品の投票による選定と表彰式、ならびに当日イベントの「社長川柳を超えろ!チャレンジ!逆引き川柳」を実施しました。
 「中小企業診断士川柳」は、今年はお題を「創業」で募集し、全国469名の方から1,221句もの応募をいただきました。まず中小企業診断士の日実行委員会で入選作10作品を選考し、その10作品の中から当日来場者の皆様方に投票いただき、優秀作品3句を決定いたしました。最優秀作品1句には賞金3万円、優秀作品2句には1万円、入選作品には記念品を、表彰状とともに贈呈いたしました。

201912_20_1.jpg

最優秀作品
  ▪ 創業の 頃の奇人が 今偉人       中年やまめ
 

優秀作品(2句)
  ▪ 起業本 妻が内緒で メルカリへ     やすよ
  ▪ 子が入社 母は創業 父は家事      主夫

入選作品
  ▪ 社の前を 掃除している 創業者     木立慈雨
  ▪ 起農して でっかくなった 空と夢    誠一
  ▪ 神棚は 置かぬと決めた 創業時     小次郎
  ▪ 初めての 社長の名刺 そっと出し    らくちゃん
  ▪ 流行るかな わたしの事業 スターティン♪  小学一年
  ▪ 起業家は 孫子と孫氏 から学ぶ     孫の手
  ▪ 起業して 足裏のコメ じっと見る    しゅんすけ

                       (投稿順)

「社長川柳研究会特別賞」(社長川柳研究会:当協会城北支部認定研究会)
  ▪ 子の寝顔 見て練り直し 初期投資    かめさん
  ▪ 初受注 スマホ片手に 頭下げ      ゆんたく

 また、社長川柳研究会のご協力で開催した「社長川柳を超えろ!チャレンジ!逆引き川柳」には多くの方にご参加いただき、見事に元の句を当てた「ピタリ賞」の賞品を得た方が多数いました。この当日イベントを通して、気軽に川柳作りの醍醐味を楽しんでいただけたのではと思います。
 本年第4回として開催しました「中小企業診断士の日」イベントは、多数の来場者の方々のご協力により、無事終えることができました。私たち東京協会は、『中小企業・小規模事業者の未来をデザインする中小企業診断士として、社会的価値の向上のため、より一層の自己研鑽を求められていること』を肝に銘じ努力を重ねてまいりたいと思います。
 なお、川柳優秀作品および入選作品は、東京都中小企業診断士協会ホームページや機関紙、各種媒体を通じてお届けします。

TOP