TOP >> イベント報告 >>  産業交流展2019出展報告
イベント報告
最新の記事
月別の記事
2019.12.24
産業交流展2019出展報告

国際部・広報部

 昨年11月13日(水)~15日(金)まで東京ビッグサイト青梅展示棟で産業交流展2019が開催され、当協会も国際部と広報部が共同ブースで出展しました。新しい試みとして当協会から4名の会員が出展者プレゼンテーションで発表をおこない、当協会と中小企業診断士の存在感をアピールしました。
 国際部は本年度更新した「中小企業と世界をつなぐお手伝いをします!」と「無料経営相談実施中!」のパネルを壁に掲示したほか、ブースで無料経営相談を実施しました。
 3日間での経営相談件数は例年並みの約30件でした。相談内容は、販路開拓、人材育成活性化、知財活用など例年どおりのものでしたが、他士業の方から海外展開について連携したいとのお話しもありました。
 ブース内では協会視察団報告書や国際部のチラシに加え、中小機構、JICA、JETRO、東京都中小企業振興公社などの海外事業支援機関のパンフレットをカタログスタンドに見やすく展示し、配布しました。
 このように今年も多くの方に東京都中小企業診断士協会の存在と国際部、広報部の役割を訴求しました。来年度も引き続き本活動を発展させていきたいと思います。
 広報部では、来訪者の方向けに、中小企業診断士および東京都中小企業診断士協会の活動紹介や、無料経営相談をおこないました。展示ブースには、中小企業診断士としてはどのような役割があり、どのような組織と連携しているかイメージできる大型のロールスクリーンを掲示したほか、広報部で作成した、診断士の紹介動画を流しました。また、新たに作成した、診断士の活動を紹介する冊子「TOKYO SMECA JOUHOKU-X」や東京協会パンフレット、ノベルティグッズなどを配布しました。
 展示ブースには、中小企業診断士に興味を持った方の他、中小企業診断士の資格試験を勉強中の方や、公的支援機関の一員として産業交流展に参加されている中小企業診断士の方などもいらっしゃいました。今後も引き続き、より多くの方に中小企業診断士のアピールをしていきたいと考えています。

201901_20_1.jpg201901_20_2.jpg

TOP