TOP >> イベント報告 >>  診断士1年目の会~自分の未来を描く!~令和時代の診断士
イベント報告
最新の記事
月別の記事
2020.03.30
診断士1年目の会~自分の未来を描く!~令和時代の診断士
202004_17_1.jpg
診断士1年目の会幹事 城北支部 清水 智義
 2020年2月8日(土)、東京シティエアターミナル T-CATホール(東京都中央区)にて令和元年度登録「診断士1年目の会」を開催、幹事を含めて80名の参加となりました。テーマは「~自分の未来を描く!~令和時代の診断士」。診断士としての1年目を振り返り、同じ1年目の仲間がどのような活動をしてきたのかを知ることで、自分たちが診断士2年目をどう過ごすべきか、令和時代の診断士として何をすべきかを考えるきっかけにしたいという目的で企画いたしました。
202004_17_2.jpg 第1部では、1年目診断士の参加者がそれぞれ2年目の活動方針が見える状態を築くことを目的に、3つのステップに分けワークショップ形式で進められました。ステップ1は、自分自身の振り返りとして「資格取得の動機」「資格を取得して良かったこと」「2年目にしてみたいこと」を付箋に書き出し、6名ずつの班ごとに準備された模造紙に張り出す個人ワーク。ステップ2は、班ごとに全員が一人ずつに対しメンバーがインタビューを行い、個人の強みを深堀るグループワーク。ステップ3は、インタビューで整理された内容をもとに、各個人ごとに診断士2年目の方針を発表する「行動宣言」です。
 「行動宣言」では各班で拍手が沸き起こるシーンもみられ、盛り上がりが見られる中、第1部が終了となりました。
 第2部では、1年目診断士に対する事前アンケート結果発表などイベントを交えた懇親会が行われ、大盛況のうちに閉会となりました。
 今回をきっかけに、各個人が自分の将来を考え、また1年目同期における交流を深めることができたのではないかと感じます。
 末筆ではございますが、参加いただいた診断士1年目の皆様、松枝会長はじめ各支部長、指導員の方々、開催準備、運営をサポートいただいた会員部や事務局の皆様に、厚く御礼申し上げます。

TOP