TOP >> イベント報告 >>  「新勧ピッチ」ならびに秋大会第2部「研究会・同好会相談コーナー」報告
イベント報告
最新の記事
月別の記事
2020.11.21
「新勧ピッチ」ならびに秋大会第2部「研究会・同好会相談コーナー」報告

研究会部
西川 貴人

1.新勧ピッチ
 10月3日(土)秋大会に先立ち、オンラインで新勧ピッチを開催しました。発表団体数は28団体で、66名の方に参加していただきました。春に引き続いてのオンラインでの取り組みでしたが、アンケートでは大半の方が参考になったとの感想をいただきました。

2.秋大会第2部「研究会・同好会相談コーナー」
 10月11日(日)に開催された秋大会第2部では、104団体が相談コーナーにブースを出展しました。参加団体を2つのグループに分け、入れ替えをし、1ブース2名までとすることや、説明員がフェイスシールドとマスクをすることなど十分な感染症対策を行い、開催いたしました。久しぶりのリアルでの相談会であり、どの研究会も積極的に説明を行い、密を避けているにも関わらず会場は熱気であふれていました。以下、参加者の感想を紹介します。

~新しい活動の地図と羅針盤を得て~
202012_14_1.jpg 記憶に残るイベントが乏しいままに終えそうな2020年ですが、私にとっては10年後も印象に残る秋大会だったと思います。コロナ禍の中参加者を抑えて開催とのことでしたが、十分広い会場では密にならず、初めての私には想像以上に多くの先輩診断士と会話する貴重な機会となりました。感じたのは、さすがマネジメントのプロ集団、冒頭の概要から支部説明会、各ブースの研究会・同好会相談まで、いずれもポイントを押さえた説明でテンポよく、密度の濃い3時間でした。私自身は企業内診断士として登録したものの、その先がふわっとしていた一人。秋大会で地図と羅針盤を得たことで、迷うことなく活動の一歩を踏み出すことができそうです。
(2020年10月登録 中央支部 鹿島田 浩二さん)

~リアルでの出会いとご縁で広がる世界~
202012_14_2.jpg コロナ禍のなか、スプリング・フォーラムが中止となり、診断士方々との交流がないなか、秋大会は多くの方とのつながりができると喜んでおりました。研究会の説明会は診断士の先輩方とお会いし、内容をお聞きする場となりました。自分の興味がある研究会を中心に訪問し、説明員の方と直接お会いしての説明は、やはり興味をそそられるものでした。実際、次の週に1つの研究会へ見学させていただき、さっそく、キャリアアップのためにセミナー講師のお話しをいただきました。診断士の活動は人と人とのつながり、いろいろなご縁で広がっていくものだなと実感させられました。来年は、自分が多くの後輩へとご縁を広めていければと思っております。最後に、秋大会の開催に、ご尽力くださいました先輩方、ありがとうございました。
(2020年5月登録 城北支部 祝嶺 春樹さん)

TOP