TOP >> イベント報告 >>  東京都中小企業診断士協会主催「中小企業診断士の日」イベントのご報告
イベント報告
最新の記事
月別の記事
2020.11.21
東京都中小企業診断士協会主催「中小企業診断士の日」イベントのご報告

 11月5日(木)、東京協会では、中小企業経営診断シンポジウムの同時開催イベントとして「中小企業診断士の日」イベントを開催いたしました。本年度のイベントは、新型コロナウイルス感染防止の観点から、オンライン会場をメイン会場にして開催いたしました。東京協会HPで公募した、「中小企業診断士川柳」の最優秀作品の投票による選定と表彰式、ならびに当日イベントの「川柳トーク」「逆引き川柳LIVE!」「川柳よもやま話」を実施しました。
 「中小企業診断士川柳」は、今年のお題を「ピンチ」で募集し、全国589名の方から1,581 句もの応募をいただきました。中小企業診断士の日実行委員会で入選作10作品を選考し、その10作品の中から東京協会会員によるkintoneアプリによる事前投票を行うとともに、当日の来場者およびオンラインイベント参加者の皆様方に投票いただき、優秀作品3句を決定しました。さらに社長(経営者)の気持ちを表現された句から、社長川柳研究会特別賞を決定しました。
 最優秀作品1句には賞金3万円、優秀作品2句には1万円、入選作品および社長川柳研究会特別賞には記念品を、表彰状とともに贈呈いたしました。
 初めてのオンライン会場メインのハイブリッド開催は、皆様のご協力により予定していたすべての催しを滞りなく行うことができました。川柳募集からイベント開催当日まで、たくさんの方にご参加いただきましたこと、改めて御礼申し上げます。来年のイベントもぜひご参加ください!

【最優秀作品】
  経営が 傾いたのは コロナ前       波上カケル

【優秀作品】
  「俺が継ぐ」 ハグしたいけど ぐータッチ あっちゃん
  テレ会議 孫が背後で ハイと挙手     フリージア

【入選作品】
  社運かけ デジタル相に 子を起用     三木首相
  リモートで 家事の新人 一人増え     カワセミ君
  資金繰り ピンチの割に いいランチ    木立慈雨
  順調だ 思っているのは 社長だけ     KENZ
  私だけ 出社してたら 電話番       かえる
  コロナ禍の 中でもめげぬ 父が好き    あべっち
  アクリルの ついたてひとつ ピンチ消え  かめさん

【社長川柳研究会 特別賞】
  耐えてきた 挫折の頬に 化粧する     加代子
  どうしようも ないが私は 経営者     村岡五郎

202012_16_1.jpg

TOP