TOP >> 東京協会からのお知らせ >>  コロナウイルス感染拡大防止への対応について
東京協会からのお知らせ
最新の記事
月別の記事
2020.02.27
コロナウイルス感染拡大防止への対応について

2月26日(水)開催の業務執行理事会にて「コロナウイルス感染拡大防止への対応について」の方針が決定しました。

<東京協会としての基本方針>
政府の基本方針にあるように、今は感染者の増大の山を少しでも低くすることが重要であり、不急のイベント等は中止もしくは延期が望ましく、開催する場合も、マスク着用や手洗い、マイク等使用器具の消毒等主催者が責任を持って可能な限りの対策を講じることが不可欠である。
以上のことから、本部及び支部を含めて東京協会として、当面以下の方針により対応する。

<方針1>
50名を超えるイベントは、当面3月一杯まで中止する。
<方針2>
50名未満のイベントであっても、参加者が不特定もしくは対面で、近距離で会話等が一定時間続く等、感染リスクが高いと判断される場合は、中止もしくは延期または集合形式でない他の方法等を検討する。
<方針3>
組織において現在および将来にわたる決定が必要な議題がある会議や制度上不可欠であるもの等については、主催者が適切な防止措置を徹底した上で開催する。

<東京協会のイベントへの具体的対応>  
1.スプリングフォーラム(4/11)(2019年度実績1200名) 【中止】
2.実務補習修了式(3/16)累計150名を3回に分けて実施。【式は中止】 
  報告書の提出は制度上不可欠のため受領。修了書は指導員に渡す。
3.各部開催イベント
 上記方針に従い各部長は担当副会長と相談の上対応を検討し結果を報告する。
4.その他
 1)部長会(3/9):現部長 【実施】懇親会は中止
 2)理事会(3/23):新旧部長+外部理事2名 【実施】懇親会は中止
 3)各部会:防止措置を徹底して開催する。【実施】
 4)認定研究会:上記方針に従ったうえで、開催は研究会代表者の判断に任せる。
   開催する場合は、主催者が防止措置を徹底すること。
 5)支部についても上記に準ずること
 6)4月以降のイベントは今後状況により、あらためて判断する。
                                    以上

TOP