TOP >> 東京協会からのお知らせ >>  東京協会の新型コロナウイルス感染拡大防止対策への取組みについて
東京協会からのお知らせ
最新の記事
月別の記事
2020.05.26
東京協会の新型コロナウイルス感染拡大防止対策への取組みについて

2020年5月
一般社団法人 東京都中小企業診断士協会
会長 松枝 憲司

 会員の皆様には、日頃より東京都中小企業診断士の活動にご協力をいただきましてありがとうございます。皆様は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の下、どのようにお過ごしでしょうか。本稿の執筆時点で、緊急事態宣言が5月末まで延長されており、国民の生活と事業者に与える影響が深刻さを増しており非常に心配です。
1.東京協会の事業活動への対応
 宣言の期間中は、協会事務局を除く、協会活動に関する一切の集会は原則禁止とし、中止もしくは集合形式でない方法により対応していることはご存じの通りです。そのため事業計画で予定していた大半のイベントが中止となり、また会員の皆様への実務従事や能力向上の場を提供する機会の再開のめどが立っておらず、非常に残念に思っています。ただし、各支部の説明会等Web形式で開催できるものは、極力代替手段を検討して参りますので、メールやホームページでの協会からの案内をぜひご確認ください。

2.東京都の新型コロナウイルス感染拡大防止対策への協力支援(5月執筆現在)
2.1 東京都感染拡大防止協力金申請書事前チェックへの対応
 4月22日に東京都より発表された「東京都感染拡大防止協力金」について、申請書の事前チェックの専門家として「中小企業診断士」が指名されたことは、すでに皆様もご存知の通りです。顧問先やお知り合いの事業者の方から相談を受けた場合は協力をお願いします。(注:チェックした専門家に謝金が支払われますので、副業の禁止等所属している組織の職務規程等に抵触しないよう確認をお願いします)
 なお本事業開始にあたって4/22の施策発表前に、東京都小池知事より、東京協会に対する協力依頼が私の方にありました。
⑴東京協会としての対応
 4/22以降東京協会に1日3名を配置し、電話、メール、FAXによる問合せ対応を行っています。事業者より事前確認の依頼を受け、各支部で診断士をアサインし事前確認を行うものです。また東京協会のTOPページに申請書事前チェックご案内のバナーも設けています。
  https://www.t-smeca.com/corona-support/2020/04/kyouryoku.html
 ◦メール:kyouryoku@t-smeca.com ◦E:03-5550-0033 ◦F:03-6228-4094
 【問合わせ対応期間】
  2020年4月22日から 受付時間:9時から17時まで 日曜日は「メール」のみ
 なお「東京都理美容事業者の自主休業に係る給付金」等新たに決定された追加施策に対しても支援や協力をしていきます。

SMECAニュース6月号eニュース用テキスト?協会だよりテキスト?9p-写真.jpg

⑵事前チェックなしで東京都に提出された申請書の確認への対応
 専門家による事前確認なしの申請書に対する確認作業者として、東京都から会員診断士の派遣の依頼を受け、4月末より随時派遣を開始しました。(40名程度の予定)

2.2 区市町村窓口対応人材の派遣
 東京都より人材が不足している区市町村窓口の制度融資相談等を担当できる会員診断士の派遣依頼を受け、4月末より随時派遣を開始しました。(40名程度の予定)

2.3 窓口派遣会員へのマスクの支給
 上記にあるような各種支援作業に従事していただいている会員の皆様に対しまして、少しでも感染リスクを軽減していただくために、東京協会でマスクを購入して順次配布いたしました。

3.社会貢献事業の推進
 東京協会では4月より新しい組織として「社会貢献事業推進委員会」を立ち上げました。本委員会は、支部を含めて東京協会全体としての社会貢献事業を取り纏め、推進を行うことで、会員への実務機会の提供や中小企業・小規模事業者の方に対して診断士を知ってもらうこと等を目的としています。立上げ早々新型コロナウイルス感染拡大防止対策への対応が正に社会貢献事業であるとの思いで協会をあげて取り組んでおります。上記協力金事務局の人件費やマスクの購入費等は社会貢献事業費として協会の自費で対応いたしますので、会員の皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

TOP