TOP >> 東京協会からのお知らせ >>  会員共通のツールとして「Kintone」を導入します!!
東京協会からのお知らせ
最新の記事
月別の記事
2020.09.26
会員共通のツールとして「Kintone」を導入します!!

東京協会「業務改革委員会」

 東京協会では、今年度の事業計画の方針として「会員向け情報提供の推進」と「本部と支部を含めた協会活動支援機能の強化」を挙げています。
 これらを実行するためには、会員の皆様一人ひとりのご協力が必要ですが、計画実行をサポートするためのツールとして、サイボウズ株式会社の「Kintone」を共通のツールとして導入し、全会員の皆様に対し「ID」を付与することにいたしました。
 9月中旬に「ID」および「初期パスワード」を送付させていただきましたが、メールアドレスに不備があり、不達になっている方が多数いらっしゃることが分かりました。まだ「ID」を受け取っていない方は、連合会HPの「会員Myページ」よりご自身のページにアクセスしていただき、連絡が可能な「メールアドレス」に変更していただきたく、よろしくお願いいたします。
 今後、「Kintone」を利用して、東京協会で定期的に発行している「eニュース」や「景況調査結果」の配信、東京都や支援機関の施策など各種情報提供、研修資料など開示可能な資料の共有、診断士の日の「川柳」イベントの投票などを行っていく予定です。
 また、各認定研究会にて「スペース」を作成し、意見交換や資料の共有などに活用していただけるようになります。
 まずは、「Kintone」にアクセスしていただき、利用できることをご確認ください。
 「ID」登録に関するメールが届いていない方につきましては、「メールアドレス」の更新をお願いいたします。

TOP