TOP >> 資格更新について >>  実務従事事業について >>  実務従事 正副指導員希望者向け説明会開催
資格更新について
最新の記事
月別の記事
2019.04.26
実務従事 正副指導員希望者向け説明会開催

城南支部
入谷 和彦

 実務従事支援部では、3月20日(水)に「実務従事 正副指導員希望者向け説明会」を開催しました。この説明会は、実務従事の指導員を希望する方達に向けて、指導員登録を促進する目的で開催されました。

1.参加者のプロフィール
 参加者は40名。うち、すでに指導員・副指導員になっている方は17名で、他はこれから目指す方でした。また、独立されている方は32名で、独立されてこれから正副指導員を目指す参加者が多かったようです。

2.当日の内容
(1)開会の挨拶
 最初に実務従事支援部の片桐部長から、挨拶とともに、実務従事事業を行うようになった経緯や制度の概要等について説明が行われました。

(2)実務従事指導員説明会
 次に、上品副部長から実務従事指導員の説明がおこなわれました。

201905_10_1.jpg

 指導員に登録するための要件や特例要件、登録方法、そして登録してから実務従事案件の提示するための要件や方法、日程の設定方法等について、詳しい説明が行われました。

(3)実務従事案件の状況
 続いて入谷会員より、実務従事案件の状況の説明を行いました。ここでは、平成30年度の案件提示数が66件、提示した指導員は33名で、現在登録している指導員232名の14%であること等が説明されました。

(4)講演
 最後に、三多摩支部の城裕昭指導員によって「実務従事における指導方法のポイント」のテーマで講演していただきました。

201905_10_2.jpg

 指導員による実務従事案件の設定のやり方、案件の運営方法のポイントやノウハウについて、実例を交えて説明され、すでに登録されている指導員にとっても、大変参考になる講演でした。
 説明会後は、有志による懇親会が行われ、コミュニケーションを図りました。

3.アンケート結果
 全体について「満足」は52%、「ほぼ満足」は45%で、特に城指導員の講演は「満足」が68%でした。講演について、すでに正副指導員に登録されている方の「満足」は70%、「ほぼ満足」は30%で、意義のある説明会になりました。

TOP